このwebサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

ブレイン★バトル 小学生のための学習カードゲーム教材

お問い合わせ
まなび×あそび=ブレインバトル

公式ルール

遊び方

ブレイン★バトルの公式ルールを説明するわね。
はじめは難しいかもしれないけど、何回かくり返せば
必ずできるようになるはずよ。
カードを手元に置いて読んでみてね。

公式ルールの基本

これだけは覚えておいてね。
くわしいルールは『公式ルールブック2012年6月版』をダウンロードして確認するのよ。

  • 相手から出された問題を制限時間内に正解したら、
    カードに書かれているアタックポイントを得ることができる。
  • 不正解・時間内に解けなかった場合は得点は「0点」
  • サポートカードは全ての回で1枚ずつ出すことができる。
  • サポート効果を確認してその回の得点を決定する。
  • バトルは5回戦。最後の「持ち点」が多いプレイヤーの勝ち。
  • 5回戦バトルして同点の場合は、持ち点に差がつくまでバトルを続ける(延長戦)

バトルの進め方

いよいよバトルの始まりです。バトルの流れを理解しましょう。
実際にカードを使ってみると理解しやすくなります。

バトルの流れ

(1) 順番決め
両者サイコロを振って、出た目の大きい方を「プレイヤーA」、出た目の小さい方を「プレイヤーB」とする。
〔1回戦〕
(2) 科目決め
プレイヤーAがサイコロを振り、科目を決める
科目決めの例。サイコロの出目が1なら算数、2なら国語、3なら理科、4なら社会、5ならプレイヤーA選択、6ならプレイヤーB選択
(3) カードセット
決まった科目の問題カードをマイエリアにセットした山の一番上から取り、相手のバトルエリアに置く。
サポートカードはアタック・ディフェンスのどちらかを山の一番上から取り、自分のバトルエリアに置く。
バトルエリアを見る
(4) サポート効果確認 1
問題を解く前にお互いのサポート効果を確認する。
[発動条件][追加効果]の算数思考時間チェック
(5) 時間設定
ストップウォッチに思考時間を設定する。
算数は問題ごとに決められている。その他はすべて「1分」
(6) バトル開始
「バトルスタート!」の合図で同時にストップウォッチをスタートさせ、問題を解き始める。答えはノートもしくは解答用紙に記入する。
算数の場合、式や考え方もしっかり書く
(7) 答え合わせ
時間内に両者とも解き終わるか、両者の思考時間が終了したら「オープン!」の合図で問題カードを裏返して答え合わせをする。
正解の場合はカード右上のアタックポイントを点数表の「獲得アタックポイント」欄に記入。不正解の場合は0と記入。
得点表記入例
(8) サポート効果確認 2/得点集計
「自分のディフェンス効果」→「相手のアタック効果」の順に、効果が有効な場合はその点数増減について書き入れる。無効の場合は0と記入。
サポート効果を計算し、1回戦の得点を確定する。
1回戦で使い終わった自分のカードは上ぶたを裏返してそこにいれておく。(相手のカードと間違えないように)
〔2~5回戦〕
(2)~(8)を繰り返す。
2回戦はプレイヤーBがサイコロで科目を決める。
2回戦以降は前回までの得点合計を「持ち点」とし、前回までの持ち点+今回の得点=今回の持ち点として記入する。
(9) 勝敗の決定
5回戦終了時の持ち点が大きいプレイヤーを勝者とする。同点の場合は決着がつくまで延長戦を行う。

バトルの例をのせました。これを読むと、より深く理解できます。
みなさんのバトル記録がのることもあるかもしれませんね。

サポートカード

サポートカードを使いこなすためには
まずしっかり効果を理解することが必要ダ
運とカンがさえていれば大逆転もアル。
キミはうまく使うことができるカナ?

サポート効果の判定

  • Q1 ひとりのプレイヤーに2つの〔基本効果〕が重なったら?
  • A1 2つとも〔発動条件〕を満たしていれば有効です。
  • Q2 〔基本効果〕の「相手のディフェンス効果無効」と〔◎〕の「相手のアタック効果無効」が重なったら?
  • A2 〔基本効果〕は〔◎〕より優先されます。この場合、〔◎〕の「相手のアタック効果無効」が無効になります。
  • Q3 算数の思考時間を増減させる〔追加効果〕は〔発動条件〕に影響される?
  • A3 思考時間を増減させる効果は〔発動条件〕にかかわらず、必ず有効とします。
  • Q4 〔基本効果〕の「相手のディフェンス効果無効」と「相手のアタック効果無効」が重なったら?
  • A4 どちらの効果も有効です。サポート効果なしでの対決になります。
  • Q5 相手がアタックのとき、〔発動条件〕が「相手がディフェンス」のカードをこちらが出した場合はどうなるの?
  • A5 〔発動条件〕を満たしていないので無効です。
  • Q6. 〔追加効果〕で持ち点の増減が有効となった場合、どの時点の持ち点を増減させるの?
  • A6. 持ち点の増減は「前回までの持ち点を増減させる」ことになります
    例えば、3回戦でこの〔追加効果〕が有効となった場合は、2回戦の持ち点を増減させ、その結果と3回戦の得点を合計した点数が3回戦終了時の持ち点となります。
  • Q7 それでは1回戦で〔追加効果〕持ち点-100点となった場合は?
  • A7 この場合は「前回までの持ち点」がないので無効となります。
    持ち点を-100点とすることはありません。
    また、現時点での公式ルールでは「持ち点を0点未満にする」ことはありません。
    (今後のルール追加で導入される可能性はあります)
    つまり、「持ち点の下限は0点」であり、例えば持ち点50点の状態で「持ち点-100点が有効」になった場合は持ち点50点を0点にし、-50点とはしないということです。

このほか、「こんな場合はどうするの?」というケースについては
下記よりお問い合せください。
お問い合わせはこちらから

このページのトップへ

動画ページへ

遊び方動画ページへ

ネットからのご購入

FAXでのご購入